役所からお金を借りる

個人事業主や会社経営者の方は、消費者金融やビジネスローンだけでなく、会社所在地の市区町村からお金を借りることができます。

市役所から区役所からお金を借りることができるなんて、と思われるかもしれませんが、国や都道府県、市区町村による融資制度が設けられています。

ここでは、横浜市の小規模企業資金に関する融資制度の事例についてご紹介します。


■小規模企業ならお金が借りられる

横浜市の場合、「小規模企業資金」として運転資金や設備資金に必要なお金を市役所から借りられる場合があります。

融資額は2000万円以内で、運転資金や設備資金のために使うことを条件に、7年から10年以内に返済していく、という制度です。

市が保証料の一部を負担するので、保証料と利率を合わせて2%程度の金利でお金が借りれる点に特徴があります。

非常に有利な金利でお金が借りられますので、事業をされている方が、融資が必要になった際には、市区町村の融資制度を調べてみることをおすすめします。


■市役所からお金を借りることの問題点について

市役所からお金を借りることのメリットは「低金利で融資が受けれる」ことですが、デメリットがないというわけではありません。

役所からお金を借りるときの問題点は、

 ・融資までの時間がかかること
 ・場合によっては、保証人や担保が必要になること

などになります。

緊急にお金を要するときは、ビジネスローンや消費者金融、銀行カードローンなどを使い、計画的に融資を受ける際に役所を利用することができそうです。


■融資元の確保が重要!

事業されている方にとっては、「いつでも融資が受けられる」という状況にしておくことが重要になります。

いざというときに慌ててしまうのではなく、役所の手続きについても調べておき、緊急の融資にも対応できるカードローンに申し込んでおくことが重要です。

さまざまな資金調達先を確保しておくことで、資金繰りに慌てることはなくなるでしょう。

キャッシングの申込みをするにあたり、何らかの担保を提供するよう求められた場合、その業者への申込みはやめておいた方が無難でしょう。

大手の消費者金融や銀行カードローンなど、安心して利用できるキャッシング会社の場合、利用者に担保を提供するように求めることはないからです。

万一、担保の提供を求められることがあったら、それは、闇金などの危険な業者である可能性があります。

危険な業者から借入れしてしまうと、大きなトラブルに発展し、解決が困難になる場合が多くあります。

トラブルを未然に避けるには、担保を求める業者とは契約しないようにすることです。

キャッシングで用意しなければならないものは、
 1.運転免許証(なければ、健康保険証)
 2.源泉徴収票(もしくは、給与明細書・賞与明細書)
の2点です。

2つ目の源泉徴収票や給与明細書・賞与明細書については、少額のキャッシングをする場合は必要ありません。

50万円を超える融資を希望する場合に必要になるケースがありますので、申込みを検討する業者のサイトで確認してみてください。

 

即日融資可能ローンを探し方はhttp://alphalambdadelta.org/までどうぞ!

「ショップジャパン」

結婚して、いわゆる「主婦」になってからほぼ三年が経ちますが、常に仕事や育児があり、
家事に専念できる期間はありませんでした。
そうすると、家事はなるべく短時間でこなすことが何より大切!
かといって手抜きはしたくないので、賢く効率的にしたいと思っていました。
そこで目をつけたのが、道具にこだわること。
なかでも、「ショップジャパン」は、お掃除や料理などに使える、便利で良い製品がたくさんラインナップされているので、
ちょくちょく覗いてしまいます。

有名なところでいうと、ペーパーモップの手軽さと電動掃除機のパワーを兼ね備えた、
スイブルスイーパー。
これは、コードレスで軽く、お掃除能力も抜群なので本当に重宝しています。
気がついたときやちょっとしたスキマ時間を無駄にせず掃除できるので、忙しい我が家には本当にぴったりなんです。

また、お料理グッズでいうと、オススメなのはマジックブレットデラックス。
これは、材料をセットしてスイッチを入れるだけで、みじん、おろし、混ぜる、挽く等の下ごしらえが簡単にできる優れモノ。
忙しい毎日でも、手軽に凝った料理にトライできるのが嬉しいところです。

こうした便利な道具は積極的に取り入れて使いこなすことで、家事を短い時間でこなすことができますし、
空いた時間で家族でゆっくり過ごすことができます。
また、お掃除も料理も手間がかからずさっとできるようになっていると、主人も積極的に手伝ってくれるので、それも嬉しいところです!

プロミスやバンクイックなどのカードローンに申込みたいと思っていても、「すでに他社からの借入れがあるから...」と迷われている方も多いようです。

他社からの借入れがある場合、審査に通ることができないのではないかと考えるかもしれませんが、必ずしも融資が不可能なわけではありません。

ここでは、浮く数のカードローンがある方が、さらにカードローンの申込みをする場合の注意点についてご紹介します。

専業主婦 融資 銀行

UFJカードローンの特徴

三菱東京UFJ銀行には2種類のカードローンがあります。

1.「バンクイック」
急な出費にもスピーディーに対応、全国で使えるカードローンです。

4つのメリットがあります。
「最短即日スピード発行」
インターネットでいつでもどこからでも申し込みできます。お急ぎの方はテレビ窓口に運転免許証を持参すると、その場でカードを受け取れます。

「銀行ならではの金利と限度額」
金利年4.6%〜年14.6%で最大500万円までご融資。

「無理のないご返済」
10万円お借入れの場合、毎回の返済額は2,000円からです。

「全国の当行・提携コンビニATMで利用手数料0円」
利用手数料0円で、全国各地の当行・提携コンビニATMで、いつでも気軽にご利用いただけます。

2.「マイカード プラス」
自動融資機能で家計口座をバックアップ、カードローン。
手持ちの普通預金キャッシュカードに借入機能が追加され、新しいカードの発行や切り替えの必要はありません。
公共料金の自動支払いやクレジットカードの決済等の際、ご預金の残高不足分が自動的に立て替えられます。

「利用限度額30万円、借入利率年14.6%」

「公共料金等の引落日の残高不足に、自動で融資。」
引落日に残高が足りなかったり、入金を忘れていた場合、利用限度額の範囲内で足りない金額を自動的に立て替えます。

「計画的に返済できる、定額自動返済」
毎月5日(土・日・祝日等の場合、翌平日窓口営業日)に、前月5日の利用残高に応じた一定額を指定の返済用預金口座より自動的に返済します(残高スライド方式)。
また、資金に余裕がある時には、臨時に返済できます。

「近くのATMやインターネットバンキング等から借り入れ・返済可能」
三菱東京UFJダイレクトを利用されている方は、インターネットバンキングから借り入れ・臨時の返済が可能です。